読み上げる
  1. ホーム
  2. 健康・福祉>
  3. 健康>
  4. 感染症>
  5. 新型コロナウイルス感染症について>
  6. 新型コロナワクチン接種>
  7. 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について(5月27日更新)

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について(5月27日更新)

【5月27日更新】「医療従事者及び高齢者施設等従事者の方へ」を追加しました

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種についてのお知らせ  (2021年5月27日現在)

 新型コロナウイルス感染症のワクチンは、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、まん延を防止することが期待されています。
本市では、市民の皆様が安心してワクチンが接種できるよう準備を進めております。詳細が決まり次第、市のホームページ等で随時お知らせいたします。また、ワクチン接種に係る相談等に対応するため、コールセンターを設置しました。専用ダイヤルから問い合わせいただけます。

新型コロナウイルスワクチン接種実施計画 [PDF形式/1.36MB]

接種順位

16歳以上の方が対象ですが、徐々にワクチンの供給が行われるため一定の優先順位を設けて接種します。
(1) 医療従事者等
(2) 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)、
   高齢者施設等従事者
(3) 高齢者以外で基礎疾患のある方
(4) 上記以外の方

接種回数

3週間の間隔をおいて2回の接種が必要です。

接種場所

◆集団接種会場 
かすみがうらウエルネスプラザ(宍倉5462)
New‼千代田公民館講堂(上佐谷991-5)
※令和3年6月9日(水)午前9時から予約を開始します

千代田公民館講堂の接種日程は、下記を予定しています
令和3年6月21日、6月28日、7月5日、7月12日、7月19日、7月26日の6日間
※予約方法は、従来通りコールセンター及びパソコン・スマートフォンからWEBでお申し込みください

◆個別接種会場
川島医院
菊池整形外科クリニック
三輪眼科 
大和医院
高木医院
太田医院
酒井医院
白井こどもクリニック
神立病院(基礎疾患により通院している方を対象)
MED AGRI CLINICかすみがうら(基礎疾患により通院している方を対象)
矢原診療所(基礎疾患により通院している方を対象)

市外の医療機関等に入院・入所されている方や基礎疾患で市外の医療機関等を受診中の方は、市外での接種も可能です。かかりつけの医療機関にご確認ください。

接種費用

国の全額負担となるため無料です。

接種券

接種開始時期に合わせて、市民の皆様に接種券を送付します。接種当日に持参してください。
高齢者の方については、3月22日に接種券を送付しました。ご自身の接種時期がくるまで大切に保管してください。

予診票

予診票を4月19日から順次送付します。
接種会場の案内や予約開始日等の案内も同封していますのでご確認いただき、予約をしてください。

予約方法 

予約は、集団接種、個別接種ともに、以下の方法で令和3年5月12日午前9時から行います。

(1) コールセンター

       電話番号 029-853-0771
       受付時間 月~金:午前9時~午後5時(㊗を除く)
       受付内容 ワクチン接種に関する相談、予約

 

(2) 全国WEB予約システム
パソコンやスマートフォンからWEBで予約できます。 

ワクチン予約サイトはこちら  コロナ予約QR

予約についてのお知らせ
専用コールセンターまたは、パソコン・スマートフォンからWEBでのお申し込みをご利用ください。
高齢者の方については、令和3年5月26日(水)から接種開始を予定しております。

〇重要:2回目接種の同時予約について
1回目接種の予約が済みましたら、2回目接種の予約をとることができます。
18日以上の間隔をおいて、2回目接種の予約をお申込みください。

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルスワクチンの接種は強制ではありません。予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
現在、病気で治療中の方や体調・接種等に不安がある方は、かかりつけ医とよくご相談ください。

副反応

ワクチン接種後に、接種部位の痛みや発熱、疲労・倦怠感等がみられたことが報告されています。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。また、稀に急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発症が確認されています。そのため、接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きた場合は、必要な対応を行います。

接種による健康被害救済制度

接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出たり、障害を残す等の健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

電話相談窓口

ワクチンに関すること 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120-76-1770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時~午後9時
副反応に関すること  茨城県新型コロナワクチン副反応相談窓口
電話番号:029-301-5394
受付時間:午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)

聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

かすみがうら市へ転入された方へ

かすみがうら市に転入された対象者の方で、新型コロナワクチンを希望される場合は、かすみがうら市の接種券(クーポン券)を発行する必要があります。転入前の市町村で発行された接種券(クーポン券)は使用できませんので、ご注意ください。
接種券(クーポン券)の発行を希望する場合は、申請書県同意書を記入の上、申請してください。

新型コロナワクチン新接種券発行申請書兼接種記録確認同意書(転入者) [PDF形式/208.2KB]

住所地外接種届について

新型コロナワクチンは、原則住民票所在地の市町村で接種を受けることとなります。やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期間滞在している場合は、接種を行う医療機関等が所在する市町村へ事前に届け出たうえで、住所地外で接種を受けることができます。

・出産のために里帰りしている妊産婦
・遠隔地へ下宿している学生
・単身赴任者 等

なお、以下に該当する方は申請不要な方となります。

・入院、入所者
・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
・災害による被害にあった者
・拘留または拘置されている者、受刑者 等

住所地外接種を希望する場合は、住所地外接種届を記入の上、クーポン券の写しを添付して申請してください。※コロナワクチンナビにてWEB申請も可能です。

住所地外接種届 [PDF形式/362.62KB]

医療従事者及び高齢者施設等従事者の方へ

新規採用・転勤等により、優先接種の対象となった方につきましては、市で「接種券付き予診票」を発行いたします。
また、医療従事者及び高齢者施設等の従事者の方で、市で発行する接種済証明が必要な場合はお問い合わせください。

その他

・ワクチンの詳細は、厚生労働省ホームページまたはコロナワクチンナビをご覧ください。
新型コロナワクチン接種についてのQ&Aはこちらをご覧ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり増進課(保健センター)です。

かすみがうらウエルネスプラザ 〒300-0121 かすみがうら市宍倉5462

電話番号:(代表)0299-59-2111/029-897-1111 (直通) 029-898-2312

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2021年5月25日0時0分